ヨーガ堂・土-tsuchi- : yoga-do-tsuchi | News
ヨーガ堂・土 –tsuchi- はシヴァナンダヨーガを基本とした、少人数制のヨーガクラスです。アーユルヴェーダとヴェーダーンタ、ヨーガの3つのインド伝統の智慧をシェアしていきます。 アーユルヴェーダの薬を使ったオリジナル染め”薬壺染め"を使ったヒーリングも開発しています。
yoga, ayurveda, vedanta, japan, india,ヨーガ,アーユルヴェーダ,ヴェーダーンタ,パンチャカルマ
135
archive,category,category-news,category-135,qode-quick-links-1.0,woocommerce-no-js,ajax_updown,page_not_loaded,,vertical_menu_enabled, vertical_menu_transparency vertical_menu_transparency_on,qode-title-hidden,qode_grid_1300,hide_top_bar_on_mobile_header,columns-4,qode-theme-ver-11.0,qode-theme-bridge,wpb-js-composer js-comp-ver-5.5.2,vc_responsive

茨木市内のコミュニティーセンターで
以下のアーサナクラスを開催しています。
茨木教室は講師Hirokoが、茨木でのクラスを担当します。

クラス開催場所は以下の5カ所です
茨木市役所近く
茨木市福祉文化会館
茨木IC近く
春日コミュニティーセンター
畑田コミュニティーセンター
R171沿い箕面寄り

豊川コミュニティーセンター
イオンモール茨木前
穂積コミュニティセンター

産業道路沿いに線路の方に向かって歩いていくと、AEON MALL茨木の前に消防署と「眼鏡市場」があります。その間の道に入ると右手に駐車場があり、奥にセンターがあります。産業道路沿いからはコミュニティーセンターに入れませんのでご注意ください。

予約は予約カレンダー、あるいは
yoga.do.tsuchi.ibaraki@gmail.com
(Hiroko先生のクラスの連絡先となります)まで

予約カレンダーからも、開催場所の地図をご確認いただけます。

鳥取県智頭町の山間ではお盆を過ぎると朝晩一気に冷え込んできました。
5月に植えた稲の苗は金色に色づいて穂を垂れています。
8月終わりから稲刈りが始まっていて、9月は収穫の真っ盛りとなります。
沿道を覆うように大きくなっている栗も緑色から茶色へ。
所々に見られる柿の木にも青い実が大きくなってきています。
実りの秋がやってきましたね。

日中はまだまだ暑く、都市部ではようやく涼しい風にほっとすることと思います。
そんな中、自然界や体内では冬に備えた準備が始まっています。
乾燥と冷え(アーユルヴェーダで言えばヴァータ)が体と心に入って不調和を作りやすくしています。
徐々にお腹の消化力=アグニは強くなってきて、ご飯がおいしく食べられるようになっているかと思いますが、
お白湯をすすったり、料理にはショウガを入れ、
冷たいものを摂らず、消化力を下げないようにしていくと良いと思います。

 

 

智頭町での活動拠点が決まりました。
たくさんの作業が待っていて、どんなところか、なにをしていくのかをホームページ上で報告していく予定にしております。

 

・・・・

鳥取智頭町での活動は準備中です。
現在 Hirokoが大阪でのヨーガクラス、
Takeshi, Nanaは 大阪などでのワークショップや出張クラス、プライベートクラスを開催しています。

不定期ですが、インドへのアーユルヴェーダリトリートなども行っています。

アーユルヴェーダ ホームレメディ講座

<女性にまつわるトラブル編>

5月〜11月 / 毎月第3日曜日開講

「台所薬局」とはよく聞くけれど
いざキッチンに立つと 何からはじめて良いのか分からない…

なんてこと、ありませんか?

今回の講座では、女性に多くみられる幾つかの症状を切り口に、その症状別にアーユルヴェーダ的解釈を行い、身近な食材やハーブ・スパイスを使ってご自身でトリートメントを行えるように、ご一緒に学んでいきます。

それらの症状がない方でも、アーユルヴェーダの理論と実践が学べる点で、普段の考え方(西洋医学的観点)とは異なるアプローチが得られますし、ご家族や友人などに手当することもできます。

手に入るアーユルヴェーダハーブもご紹介していきます。

<全7回 スケジュール>

トピックス
5月21日  便秘 ・ 冷え性
6月18日  乳腺(良性)トラブル ・ 更年期
7月16日  頭痛(偏頭痛も含む) ・ <Cooking / トリカトゥ>
 8月20日  性欲不振 ・ 不妊
 9月17日  月経困難(月経痛)・ PMS ・ <Cooking / 月経トラブルに使える調合ハーブ>
10月22日*  子宮筋腫 ・ 子宮内膜症 ・ PCOD ・貧血or目のトラブル
11月19日  鬱・不眠・まとめ(シェアリング)

*基本的に第3週目の日曜日に開催しますが、10月は第4週目の日曜日になります。

※スケジュールは変更や追加の可能性がありますので、ご了承ください。

女性にまつわる症状が主ですが、もちろん 男性も受講可能です。

アーユルヴェーダに触れるのがはじめての方でも受講していただけますので、ご興味ある方は どうぞご参加ください!

健康に役立つアーユルヴェーダの智慧を、わかりやすくお伝えします。

<時間>
14:00〜16:00(16:30まで延長の可能性あり)

<受講費>
4万2000円
(テキスト代、諸経費含む)
(スカイプ受講の方も同料金となります)

<持ち物>
筆記用具、飲み物

<場所>
茨木市 穂積コミュニティセンター / 和室
map
JR茨木駅から、徒歩約10分の場所です。

<お申込締め切り日>

5月10日(水)
※スカイプ受講希望の方は、5月7日(日)

○——○ ○——○ ○——○ ○——○ ○——○ ○——○ 

<留意点>

開催場所が確保できない場合は 開催場所や開催日が変更になる(毎月第3週目でなくなる)可能性がありますので、ご了承ください。

開催日程は、決定次第できるだけ早くHPに掲載いたします。

参加者は、開催場所での受講が基本となります(半分以上 開催場所での講座に出席してください)。
欠席される場合は ビデオ受講が可能ですが、クッキングの際は 講師が調理にはいるため、手元がしっかり映らない可能性もありますので、ご了承ください。
なお、ビデオ閲覧期間は、次の講座開催迄(1ヶ月間)となります。

調理実習で作ったものは、テイスティング&お持ち帰りいただけます。

スカイプ受講は事前にチェックをしますが、当日の送信側と受信側双方の状況により、確実につながらない可能性もあります。その場合は後日ビデオでの配信となりますのでご了承ください。

<ご予約方法>

通常受講かスカイプ受講か、どちらをご希望かお書き添えいただき、メールでお申し込みください。
yoga.do.tsuchi@gmail.com

スカイプ受講希望の方は、事前に認証チェックを行いますので、5月7日(日)迄にご予約ください。

受講費は、参加お申し込みのご連絡いただきましたのち、1週間以内に 指定の口座へお振り込みをお願いいたします。
お振込先の詳細は、追ってメールにてご連絡させていただきます。

なお、お申し込み後、ご都合によりキャンセルされる場合は、お早めにご連絡ください。
(※受講費お支払い後の払い戻しはできませんので、ご了承ください)

<講師>
Nana (アーユルヴェーダセラピスト、ヨーガ講師)
2011年より アーユルヴェーダをDr.スンダル氏に師事し、ベーシック・アドヴァンス・栄養学・インターンシップと、インドで直接ドクターから 伝統に沿った聖典と深い臨床経験に基づく学びを重ねている。
日本の日常の中で アーユルヴェーダの智慧を活かせるよう、日々実践を続けている。
一児の母。

5月〜11月 / 毎月第3土曜日開講予定  NEW!(6月・7月は第3日曜日 9:00-12:30 に変更)

アーユルヴェーダ 栄養学講座

~ 毎日の食べものが、からだとこころをつくる ~
と、アーユルヴェーダでは教えています。

日々 選んで食する食べものが、わたしたちの身心にどんな作用を及ぼすのか。

アーユルヴェーダ的な食事においては、プラクルティやインバランス、季節などによって、選ぶ食材や調理法もさまざまです。

果物や野菜にはじまり、穀物、乳製品、豆類、動物性食品、油類、ナッツ類、甘味料にスパイス… 食べものが各個人の身心にどのような影響をもたらすのか、ひとつひとつ ご一緒に学んでみませんか?

食材は・・・

 フルーツ 約50種
 野菜 約50種
 穀物 約20種
 オイル 約15種
 ナッツ・シード 約25種
 豆類 約25種
 糖類 約10種
 乳製品 約15種
 動物性食品 約20種
 スパイス 約35種

実生活に役立てていただけるように、試食やクッキングクラスを織り交ぜながら、楽しく進めていく予定です!

アーユルヴェーダ的断食についても触れていきます。

(講座は 全7回を予定)

<講座内容>

<第1回> 5月20日(土)

栄養学概要、医食同源とは?
食事の前のマントラ 3種
果物のラサ・ヴィーリャ・ヴィパーカ・グナ・身心への作用

<第2回> 6月18日(日)9時〜12時半 ← ※日程が変更になりました

前回残り
野菜のラサ・ヴィーリャ・ヴィパーカ・グナ・身心への作用
/ アーユルヴェーダクッキング・・・ 体質別ハーバルティー3種

<第3回> 7月16日(日)9時〜12時半 ← ※日程が変更になりました

野菜のラサ・ヴィーリャ・ヴィパーカ・グナ・身心への作用
穀物のラサ・ヴィーリャ・ヴィパーカ・グナ・身心への作用
/ アーユルヴェーダクッキング・・・ピッタキチリ(V/Kは紹介のみ)、オクラサブジ

<第4回> 8月19日(土)

穀物のラサ・ヴィーリャ・ヴィパーカ・グナ・身心への作用
豆類のラサ・ヴィーリャ・ヴィパーカ・グナ・身心への作用
動物性食品のラサ・ヴィーリャ・ヴィパーカ・グナ・身心への作用
乳製品のラサ・ヴィーリャ・ヴィパーカ・グナ・身心への作用
アーユルヴェーダの食事の仕方、調理の仕方、食事のステップのおさらいなど。

<第5回> 9月16日(土)

前回残り
油類のラサ・ヴィーリャ・ヴィパーカ・グナ・身心への作用
種・ナッツ類のラサ・ヴィーリャ・ヴィパーカ・グナ・身心への作用
/ アーユルヴェーダクッキング・・・かぼちゃスープ

<第6回> 10月21日(土)

甘味料のラサ・ヴィーリャ・ヴィパーカ・グナ・身心への作用
スパイス類のラサ・ヴィーリャ・ヴィパーカ・グナ・身心への作用
/ アーユルヴェーダクッキング・・・キャロットハルワ

<第7回> 11月19日 日曜日

アーユルヴェーダにおける断食について
病気の原因とは?食べるという行い、そして自分を知るということとは?
まとめとシェア

<場所>
茨木市 穂積コミュニティセンター / 実習室
map

JR茨木駅から、徒歩約10分の場所です。

<時間>
13:30〜17:00

<受講費>
4万2000円
(テキスト代、諸経費含む)
(スカイプ受講の方も同料金となります)

*栄養学講座再受講は1万4000円(テキスト代は含みません)

<持ち物>
筆記用具、飲み物、タングクリーナー

<お申込締め切り日>
 5月10日(水)
※スカイプ受講希望の方は、5月7日(日)

<留意点>

1)この講座は、当教室のアーユルヴェーダ基礎講座や、プライヴェートクラスでアーユルヴェーダの基礎を学ばれた方、または他教室にてアーユルヴェーダのベースを学ばれている方を対象とさせていただきます。

2) アーユルヴェーダ基礎を修了しておらず、栄養学講座に出席希望の方は、栄養学講座開始までに プライヴェートクラスにてアーユルヴェーダ基礎の要点をお伝えすることも可能です。プライヴェートクラスをお受けできる日は限られますので、お問い合わせください。

3)なお 予定は講座の進行具合により、変更される場合があります。
あらかじめご了承ください。

4)クッキングクラスは、調理の見学および試食程度となります。

5)講座が始まるまでに、出来るだけ、基礎の教科書を復習しておいてください。
講座を進めていく際には 基礎講座でお伝えしたサンスクリット語も使いますので、アーユルヴェーダの言葉がなじむように準備しておきましょう。

6)万が一、開催場所が確保できない場合は 開催場所や開催日が変更になる(毎月第3週目でなくなる)可能性がありますので、ご了承ください。

開催日程は、決定次第できるだけ早くHPに掲載いたします。

7)参加者は、開催場所での受講が基本となります(半分以上 開催場所での講座に出席してください)。
欠席される場合は ビデオ受講が可能ですが、クッキングの際は 講師が調理にはいるため、手元がしっかり映らない可能性もありますので、ご了承ください。
なお、ビデオ閲覧期間は、次の講座開催迄(1ヶ月間)となります。

8)スカイプ受講は事前にチェックをしますが、当日の送信側と受信側双方の状況により、確実につながらない可能性もあります。その場合は後日ビデオでの配信となりますのでご了承ください。

<ご予約方法>

通常受講かスカイプ受講か、どちらをご希望かお書き添えいただき、メールでお申し込みください。
yoga.do.tsuchi@gmail.com

※スカイプ受講希望の方は、事前に認証チェックをしますので、5月7日(日)迄にご予約ください。

受講費は、参加お申し込みのご連絡いただきましたのち、1週間以内に 指定の口座へお振り込みをお願いいたします。
お振込先の詳細は、追ってメールにてご連絡させていただきます。

なお、お申し込み後、ご都合によりキャンセルされる場合は、お早めにご連絡ください。
(※受講費お支払い後の払い戻しはできませんので、ご了承ください)

<講師>
Nana (アーユルヴェーダセラピスト、ヨーガ講師)
2011年より アーユルヴェーダをDr.スンダル氏に師事し、ベーシック・アドヴァンス・栄養学・インターンシップと、インドで直接ドクターから 伝統に沿った聖典と深い臨床経験に基づく学びを重ねている。
日本の日常の中で アーユルヴェーダの智慧を活かせるよう、日々実践を続けている。
一児の母。